抗生物質の知識

意外と知らない?抗生物質にはどんな働きがあるの?効果を紹介!

更新日:

抗生物質という言葉は広く知られていますが、実際にはどのような薬なのかちゃんと分かっている人は少ないですよね。抗生物質について、詳しく紹介していきます。

細菌を殺すための薬

抗生物質は細菌を殺すための薬です。 体の不調を起こす原因には、細菌によるものとウイルスによるものがありますが、抗生物質は細菌にしか効果を発揮しません。ですから、ウイルス性の風邪などには使用しても意味がありません。 風邪をひいた時に、抗生物質を飲んでおけばすぐに直る!と思っているのは間違いなのです。
抗生物質は、ウイルスによって体の抵抗力が落ちている時に細菌感染するのを防ぐために処方されているのです。
抗生物質が効果を発揮するのは細菌による炎症を起こしている時や、細菌感染する可能性の高い手術時や出産の時の感染予防です、意外と知らずに医師に言われるがまま服用している人が多いようですね。 早く症状を軽くするために抗生剤をすぐに出してくれる病院を、選んで受診する人もいますが、むしろ風邪の時には抗生剤を出さずに治す方針の病院の方が無駄な薬を服用しなくてもよかったりするのです。
もちろん、抗生物質がもたらしてくれる効果は大きなものですが、使用しなくてもないのに使用する人が増えると、菌が耐性を持ってどんどん強くなってしまいますから自分が飲む薬は抗生物質に限らず飲む必要が本当にあるのかどうかを確認しましょう。

意外と知らない抗生物質の働き

抗生物質の働きについては意外と知られていないことが多いですよね。 薬の中でも強力なイメージがありますが、残念ながらウイルスには対抗することができません。 なんのために薬を飲むのかを考えて、必要な場合に抗生物質を使用するようにしましょう。

-抗生物質の知識

Copyright© 抗生物質って個人輸入出来るって知ってますか? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.